フィリピン留学を中心に英語留学を詳しく解説

フィリピン留学の活用術

フィリピンでは英会話の練習に専念する

英語を身に付ける手段としてフィリピン留学が人気を集めています。費用の安さ、マンツーマンレッスンが主体であること、掃除や洗濯をせずに勉強だけに打ち込めることなど、フィリピン留学に数々の特長があることは事実です。しかし、ものは使いようです。フィリピン留学を上手に活用することによって、得られる成果、つまり英語力の飛躍的な伸びを得ることができます。では、フィリピン留学をどのように活用すれば良いのでしょうか。
まず第一に指摘したいのが、日本での準備です。得られる成果は準備量に比例するというのは、あらゆることに共通していえることです。フィリピン留学の成果を最大にしたいのであるならば、そのカギを握るのは日本での準備です。日本で十分な準備を行うことによってのみ、フィリピン留学を活用して自らの英語力を最大限まで引き上げることができるのです。
では、フィリピン留学に行く前に日本でどのような準備をすれば良いのか。そのヒントはフィリピン留学の特長にあります。フィリピン留学の大きな特徴はマンツーマンレッスンが主体であるということです。マンツーマンレッスンが多く、英語の先生を独り占めにしてリスニングやスピーキングの練習ができる。その結果、英会話の能力を向上させることができる。これこそがフィリピン留学の大きな特長です。フィリピンに留学する目的はあくまでも英会話能力の向上なのです。
フィリピン留学の最大のメリットが英会話能力の向上であるならば、フィリピンに留学している間は英会話の練習にすべての時間を充てるべきです。仮に1日8コマの授業があるとしたら、8コマすべてで英会話の練習をするのがベストです。
であるならば、英会話の練習以外はフィリピン留学中に行うべきではない。つまり、日本でやっておくべきである。では、英会話の練習以外とは何なのか。言うまでもありません。文法習得と単語量の強化です。そもそも、英語のリスニングの能力が劣るのに、英語で英文法を説明されて理解できるわけがないのです。英文法を学ぶならば日本語で書かれた文法書を使って日本で勉強したほうが効率的であり、わざわざフィリピンに来て英文法を学ぶメリットなどありません。単語量の強化については説明の必要すらないでしょう。単なる暗記作業をフィリピンでやるなど愚の骨頂です。
日本にいる間に英語の文法は一通り勉強しておき、単語量もできるだけ増やしておく。日本でできる勉強を準備として日本で十分に済ませ、英会話力強化以外にやることがない状態にまで仕上げ、フィリピンでは英会話の練習に専念する。これこそがフィリピン留学を成功させる最高の活用方法なのです。

自分で授業をコントロールする

フィリピン留学の活用術は他にもあります。テクニックとして知っておきたいのは、授業を自分でコントロールするということです。
フィリピンの英語教師にはどうしてもレベルの差があります。あたりの先生もいればはずれの先生もいます。特に夏休みや冬休みなど留学生が集中する時期には、質の良し悪しよりも教師の頭数を揃えることが優先されるため、はずれの教師の担当になる可能性も高まります。
では、ハズレの先生にあたってしまった場合にはどうすれば良いのでしょうか。最も有効なのは授業を自分でコントロールすることです。例えば、担当になった教師が教え方は下手だが発音だけは良かったとしましょう。であれば、その教師の授業は発音矯正の時間にしてしまうのも一つの手です。教え方も下手だし発音も悪いけれど、文法はよく分かっているし性格も細かいというのであれば、その教師の授業はライティングの練習に使うのが良いでしょう。文法が分かっていて性格が細かいのならば、英作文の添削にはもってこいの教師です。
こういったやり方は他の面でも活用できます。フィリピンに留学してTOEICの勉強をしたいという人は少なくありません。学校側が用意してくれるカリキュラムはもちろんあるでしょうが、そのカリキュラムが良いとも限りませんし、担当した教師がそのカリキュラムでの教え方に習熟していない可能性もあります。それに備えて日本からTOEICの教材を持ち込むのです。カリキュラムが良ければそれでよし。教師が良ければOK。でもそうでなかった場合は、自分で持ってきた教材を使って授業を進行させることができます。
また、社会人が業務で使う目的で英語を学ぶ場合、買い物をするときや観光に行くときの英会話の仕方など覚える価値もありません。フィリピンにやってきて英語での料理の注文の仕方を覚えるなど時間のムダです。学校のカリキュラムに頼っているとそういうムダなことまで勉強させられる恐れがありますので、自分が業務で使いそうなシーンをいくつも準備しておいて、そのシーンを題材に会話練習をするというのも有効な方法です。

他の留学生と適度な距離を保つ

少し変わったフィリピン留学の活用術をご紹介しましょう。それは韓国人留学生と適度な距離を保つというものです。
韓国人の特徴として、仲間意識が強いこと、団体行動を好むこと、孤独を避けたがること、孤立を恐れることなどが挙げられます。このため、彼らは留学中も仲間と一緒に動こうとしますし、仲間を増やそうとします。グループクラスでのクラスメートや、同じ部屋のルームメート、さらに、ルームメートの友達など、どんどんつながりを広げて一緒に行動しようとします。
これに巻き込まれると大変なことになります。フィリピンに留学している間、毎晩のように飲み会に引っ張られたり、週末は一緒に遊びに行くことになったり。勉強の時間も確保できませんし、自分のペースで生活することもできません。勉強もできずプライベートもない。ストレスが溜まってフィリピン留学全体に悪影響を及ぼしかねません。
フィリピン留学のペースを崩してしまう、韓国人との団体行動。これを避けるには最初が大切です。一度付き合ってしまうと、次から断りづらくなります。角が立たないように断るのは簡単ではありませんが、自分のフィリピン留学の成果を守るため、フィリピン留学を何が何でも成功させるため、距離を保った付き合い方をし、韓国人の団体行動に巻き込まれないように注意しましょう。