フィリピン留学を中心に英語留学を詳しく解説

フィリピン留学の問題点

フィリピンの英語学校は規則が厳しい

フィリピン留学は安くてマンツーマンレッスン主体で、しかも寮生活ですので勉強だけに打ち込めます。コミュニケーションツールとしての英語、聞けて話せる英語を身に付けるのに非常に有効なのがフィリピン留学であり、だからこそ人気があるのです。しかし、フィリピン留学は良いところだらけで悪いところは一つもないというわけではありません。何ごとも長短両面を併せ持っているわけであり、フィリピン留学もまた短所を持っています。それらについても正確に把握しておく必要があるでしょう。
フィリピン留学の問題点の1つ目は、学校の規則が厳しいことです。フィリピンの英語学校には門限やイングリッシュオンリーポリシーなど数々の規則があるのが普通です。さらに規則を破った場合の罰金制度まで作っている学校も少なくありません。このため、フィリピン留学は規則に縛られた自由のない留学だという人すらいるほどです。
ではなぜフィリピン留学は規則が厳しいのでしょうか。実はフィリピン留学は韓国人が開拓した留学マーケットなのです。韓国でも日本と同様にグローバル化の進展で企業が英語人材を求めるようになりました。韓国の大学生たちも英語を身に付けて就職活動を有利にしようと考え、英語留学を希望しました。しかし韓国人にとっても欧米などに行く従来の英語留学は費用が高かったのです。そこで彼らが注目したのがフィリピンでした。英語教師がたくさんいて物価も人件費も安い。フィリピンのそういった魅力に気づいた韓国人たちは、フィリピン国内に自分たちで学校を作ったのです。現在でもフィリピンにある英語学校の9割以上は韓国人経営であると言われています。
そしてフィリピンに観光人留学生がたくさん来るようになったのですが、なにせ若い大学生ですのでついつい遊びに手を出してしまいます。夜遅くまでクラブやカジノに遊びに行ったり、寮の中で酒盛りをしたり。そういうことが続くと当然ですが親たちからクレームが来ます。そうしたことからフィリピンの英語学校では校則や規則を厳しくするようになったのです。

留学生寮の食事がまずい

2つ目の問題点は食事です。上述したようにフィリピンにある英語学校は韓国人が経営しています。そしてそこで学ぶ留学生のほとんどが韓国人です。そのため、フィリピンの英語学校の留学生寮で出る食事は、そのすべてが韓国料理なのです。
朝から晩まで出てくる料理はすべて韓国料理。もちろん辛いです。食卓はいつも真っ赤で、3食ともキムチが出てきます。フィリピンに来たのに食事はいつも韓国料理ということです。辛いものが苦手という人にとって、これは非常に厳しい食生活でしょう。
しかも問題なのは、フィリピンの留学生寮で韓国料理を作るのはフィリピン人スタッフであるという点です。フィリピン人ですから韓国料理の作り方など知りません。レシピを見たり、学校の韓国人スタッフに教えてもらいながら見よう見まねで作ります。もちろん本場の味など分かりませんので、味見をしても美味しいのかまずいのか判断できません。さらに食材はフィリピンのものです。
これで美味しい料理を作れるはずがありません。この結果、韓国料理が好きな韓国人留学生自身が、フィリピンの留学生寮で食べる食事はまずいと言い出すのです。朝から晩まで辛い食事ばかりで、しかもまずい。フィリピン留学での食生活は日本人にとってはかなりつらいものとなるでしょう。

フィリピンの英語教師の質

フィリピン留学の3つ目の問題点は英語教師の質です。確かにフィリピンは東アジア最大の英語大国です。公用語が英語ですし、学校教育も英語で行われます。道路標識や看板などもすべて英語で表記されており、テレビをつけると字幕なしで英語が流れてきます。こういう環境ですので、フィリピンには優れた英語人材がたくさんいます。
しかし、フィリピン人にとって英語とは所詮は第二言語です。フィリピン人は日常会話ではタガログ語など現地の言葉、母語を使います。ですので、フィリピン人が生まれて最初に覚えるのは英語ではなくタガログ語です。タガログ語で育てられ、タガログ語で周囲とコミュニケーションを取って暮らしていきます。そして小学校に入って初めて英語に触れます。6年以上の間タガログ語で育ち、それからあらためて英語を学ぶのです。
ですのでフィリピン人は確かに英語は上手ですが、ネイティブの英語話者ではありません。このため、発音に問題があったり、文法で間違いを犯したり、また、学生に対して文法をうまく説明できなかったりといったことが少なからずあります。この点は欧米への留学と比較して、フィリピン留学が明らかに劣る点です。
また、フィリピンにやってくる留学生の大半は韓国の大学生です。このため、夏休みと冬休みの時期には各学校が大量の臨時アルバイト教師を雇うため、この時期には英語教師の質が下がることも指摘されています。