フィリピン留学を中心に英語留学を詳しく解説

フィリピンでの英語留学

フィリピン留学が安い理由

英語を身に付けて就職活動を有利にしたい。そう願う大学生たちは駅前留学、オンライン英会話などを利用しますが、ネイティブと十分に接することができないことに不満を覚え、アメリカなどへ留学するようになりました。しかし、そういった従来の英語留学には費用が高い、マンツーマンレッスンがないなどの問題点がありました。それらの問題点を解決する新しい留学形態として登場したのがフィリピン留学です。では、フィリピン留学はどのような魅力を持っているのでしょうか。
フィリピン留学の魅力についてはこちらのサイトで詳しく説明されていますが、最大の魅力は費用の安さです。アメリカやイギリスなど従来の英語留学と比較すると、フィリピン留学の費用は半分から3分の1と非常に安くなっています。リーマンショック以降の経済低迷で経済的余裕を失った現代の日本人にとって、フィリピン留学の費用の安さは非常に魅力的なアピールポイントでした。
では、フィリピン留学はなぜ安いのでしょうか。これにはいくつかの理由があります。フィリピンは世界でも有数の英語使用国です。フィリピンは半世紀に渡ってアメリカの植民地であったため、フィリピンの公用語は英語です。さらに小学校から大学まで学校教育は英語で行われています。道路標識や看板、新聞や雑誌もほとんどが英語で書かれており、テレビや映画も字幕なしで英語で放映されるというお国柄です。このため、流暢に英語を操る人材を豊富に抱えています。
そして同時にフィリピンは東南アジアの発展途上国という別の顔を持っています。発展途上国であるために物価も人件費も欧米諸国と比較すると格安です。優秀な英語人材が豊富におり、物価も人件費も安い。このため、フィリピン留学は従来の英語留学に比較すると格安なのです。

英会話力を強化できるフィリピン留学

フィリピン留学の2つ目の魅力は、マンツーマンレッスンが主体であることです。従来の英語留学ではグループレッスンが中心でした。グループレッスンでは15〜20人の学生が一緒に授業を受けるため、授業中に発言したり質問したりすることが困難です。これではコミュニケーションツールとしての英語、つまり聞けて話せる英語を身に付けることはできません。
これに対してフィリピン留学は、英語人材が豊富でしかも人件費が安いという特長を活かし、授業の半分以上がマンツーマンレッスンです。マンツーマンレッスンでは学生が教師を1人で独占できますので、授業時間すべてを使って英語でやり取りができます。マンツーマンレッスンがリスニングやスピーキングの力を伸ばすのに極めて有効であることは言うまでもありません。ですので、マンツーマン主体のフィリピン留学では、聞けて話せる英語を効果的に身に付けることができるのです。
また、フィリピン留学ではグループレッスンもありますが、1クラス人数が2〜8人程度と非常に少ないのが特長です。1クラス人数が少ないので、グループレッスンでも発言や質問の機会を十分に確保することができ、この結果、グループレッスンでもリスニングやスピーキングを伸ばすことが可能なのです。

フィリピン留学は寮生活

3つ目の魅力は、フィリピン留学では寮生活が基本であることです。オーストラリアやニュージーランドなど従来の英語留学では、留学生はホームステイをするのが基本でした。このため、ホームステイ先の家族と関係が悪化したり、生活のリズムが相違したりといったトラブルが起こる可能性が高いと指摘されています。また、掃除や洗濯は自分でしなければなりませんし、なによりも毎日学校まで通学しなければなりません。ホームステイは様々な面で諸悪の根源なのです。
これに対してフィリピン留学では、留学生は学校内の寮で生活します。学校の中にありますので通学が便利です。そしてなによりも、フィリピン留学では食事はすべて寮で食べます。自分で料理をしなくても毎日食事を食べることができます。また、部屋の掃除や洗濯も寮のスタッフがやってくれます。このため、フィリピン留学では料理も掃除も洗濯も不要で、学生は英語の勉強だけに打ち込むことができるのです。寮生活なので朝から晩まで英語の勉強だけできることは、フィリピン留学の大きな魅力です。
また、フィリピンでは学校によっては寮内にジムやバスケットコートといった健康増進のためのアクティビティ施設があるほか、病気治療のための保健室まで備えているところもあります。こういった細かい配慮もフィリピン留学のメリットと言えます。

日本から近くてビザ手続きも簡単

フィリピン留学の4つ目の魅力は、日本から近いことです。欧米などへ行く従来の英語留学では片道10時間以上も飛行機に乗らなければなりません。往復で丸1日を浪費してしまうのは非常にムダですし、身体的にも負担が大きいと言えます。また、アメリカもイギリスも日本と時差が10時間以上あるため、体調管理も困難です。
これに対してフィリピン留学では、成田から直行便に乗れば4時間ほどで到着することが可能です。半分の時間で済むということです。また、日本とフィリピンは時差がたった1時間しかないため、体調を快適にキープすることができます。
もう1つの魅力は、ビザ手続きが簡単であることです。従来の英語留学、特にアメリカ留学ではビザ手続きが非常に困難かつ面倒でした。留学先の学校から膨大な量の書類を取り寄せなければなりませんし、そのための費用も必要です。さらにビザを取得するために東京のアメリカ大使館まで行って面接を受けなければならないのです。アメリカのビザ取得は非常に手間がかかり面倒なのです。
ところがフィリピン留学ではビザ手続きは極めて簡単です。ビザ手続きは不要といっても良いでしょう。日本人はフィリピンに入国する際に自動的に21日間有効の観光ビザを受け取ることができます。ですので、事前に日本でビザを取得することは不要で、なにもしないでフィリピンに留学することができるのです。これらもフィリピン留学の大きな魅力です。