フィリピン留学を中心に英語留学を詳しく解説

フィリピン英語の訛り

フィリピン人の英語には訛りがある

グローバル化の進展に伴い、企業活動において英語が使われるシーンが増えています。このため、留学して英語を身に付け、就職活動を有利にしようと考える大学生も増加傾向です。欧米など従来の英語留学には少なからずの問題があったため、それらの問題を解決する新しい留学形態として、フィリピン留学が人気を集めています。
しかし、フィリピン留学が人気を集めるにつれて、フィリピン留学の問題点を指摘する声も増えてきました。主な問題点として英語学校の規則が厳しいこと、食事がまずいこと、教師の質に問題があることなどが挙げられますが、それ以上に問題とされているのがフィリピン英語の訛りです。フィリピン人が話す英語には訛りはあるのでしょうか。
まず指摘されなければならないのは、フィリピン人にとって英語は母語ではないということです。確かにフィリピンの公用語は英語ですが、フィリピンには独自の言語があります。代表的なのはマニラなどルソン島で使われるタガログ語です。多くのフィリピン人は日常会話では英語ではなくタガログ語を使います。大阪の人がオフィシャルな席では標準語を使っても、普段の会話では関西弁を使うのと同じです。
ですので、多くのフィリピン人はタガログ語を話す環境の中で生まれ、最初にタガログ語を身に付けます。そして日々タガログ語を使いながら育っていきます。家で家族と話すときも、友だちと遊ぶときも、買い物に行ってお店の人と話すときも、使うのは英語ではなくタガログ語です。テレビでは英語の番組もありますが、庶民が見る娯楽番組などはタガログ語で放映されることがほとんどです。こうやってタガログ語を身に付けながらフィリピンの子どもたちは成長していきます。
フィリピンでは学校教育は英語で行われますので、フィリピンの子供たちは小学校に入学すると英語を学び始めます。もちろん子供ですから言語を覚えるのは速いです。ですがその時点ですでに彼らは母語としてタガログ語を身に付けています。このため、彼らが話す英語は、発音やアクセント、イントネーションなどの面において母語であるタガログ語の影響を大きく受けます。これが巷間で言われるところのフィリピン訛りの英語です。フィリピン英語に訛りがあるのは間違いのない事実です。

フィリピン人教師の英語の訛り

では、フィリピンの英語学校で教える教師たちはどうでしょうか。フィリピンの英語学校で教える教師のほぼすべてが4年制大学を卒業しています。彼らは小学校から大学まで10年以上に渡って英語を学んでいますので、それなりのレベルの英語の能力を持っています。これは事実です。
しかし、彼らはあくまでもフィリピン人であり、彼らが日常生活を過ごすのはアメリカでもなくイギリスでもなくフィリピンです。高校でも大学でも授業は英語ですが、授業が終わったあとはフィリピンの地元の言葉で会話をします。大学から帰れば家族や友人、知人との会話は地元の言葉で行いますし、店や食堂、交通機関などで従業員と言葉を交わす時も英語は使いません。
生まれてから小学校に入るまで英語には接せず、フィリピンの言葉を母語として身に付け、小学校に入って英語を身に付けるものの、母語の影響受けた訛った発音、アクセント、イントネーションの英語になってしまう。そんな彼らが高校、大学でも英語よりタガログ語を使う時間のほうが長い毎日を過ごすのです。この状態で訛りのない正確な英語が身に付くと考えるほうが無理があるのではないでしょうか。
もちろん、英語学校が教師を採用する際には、発音などのチェックは行います。できるだけ英語の訛りがない教師を採用しようとすることは間違いありません。しかし、夏休みなど留学生が大量に来る際には教師が不足するため、どうしても訛りのチェックの基準が緩くなってしまいます。それはしかたがないことです。
ですので、フィリピンの英語学校に発音が非常に標準的な教師がいることは否定しません。しかし同時に、フィリピン訛りの英語を話す教師がいるという事実も否定することはできないのです。

訛りが与える影響

フィリピン人が話す英語には訛りがあります。英語学校で教える教師にも、一般のフィリピン人に比べるともちろんマシですが、それでもフィリピン訛りがあることは否定のしようがない事実です。では、我々がフィリピンに英語留学をする際、これらの訛りは我々が英語を習得するのにどの程度の影響を与えるのでしょうか。
まず考えたいのは、我々日本人がフィリピン訛りを身に付けることができるのかという問題です。フィリピンに留学するとフィリピン訛りが身に付いてしまうという人がいますが、それは不可能です。上述したように、フィリピン人は小学校入学までの数年間を地元の言語を使って育ち、それが母語として定着してから英語を学びます。このため、母語が英語に影響してフィリピン訛りになるのです。これに対して我々日本人は、フィリピンの言葉を母語とはしていません。母語になっていないフィリピンの言葉が、我々日本人の英語の訛りに影響をおよぼすことなど不可能なのです。
そして逆に言うと、日本人の英語に影響を与えるのは、我々の母語である日本語です。フィリピン人の話す英語が母語の影響でフィリピン訛りになるように、日本人の話す英語は日本語の影響を受けて日本訛りになるのです。日本語を母語としている日本人が、フィリピンに留学したというだけで、母語でもないフィリピンの言葉の影響を受けて、我々が話す英語がフィリピン訛りになるなど、論理的に考えてありえないのです。
そもそも正しい英語の発音とはなんなのでしょうか。アメリカ人が話す英語が正確な発音だという人がいます。では、テキサス訛りの英語は正しい英語ではないのでしょうか。イギリス英語が正確という人もいますが、ならばスコットランド訛りの英語はダメなのでしょうか。それを言い出したらオーストラリア訛りの英語に至っては英語と認める価値すらなくなるのではないでしょうか。
フィリピン英語に訛りがあることは紛れもない事実です。しかし、日本人がフィリピンに留学したからといって、フィリピン訛りの英語が身に付いてしまうということはありえません。また、テキサス訛りやスコットランド訛り、オーストラリア訛りでも英語でコミュニケーションが取れるわけであり、仮にフィリピン訛りが身に付いたとしても、聞けて話せる英語として問題があるというわけではないのです。