フィリピン留学を中心に英語留学を詳しく解説

なぜフィリピン留学なのか?

高まる英語の必要性

日本における英語の必要性は高まるばかりです。ここ10年ほどに急速にグローバル化が進み、国境を超えての企業活動、経済の動きというものがごく普通のことになってきました。今までであれば仕事で英語を見る機会などなかった社会人が、現在では英語で書かれた文書を仕事で見るようになってきました。業務で英語を聞く機会すらなかったビジネスパーソンが、今では英語を話す必要に迫られています。
こういった日本社会における英語の位置付けの変化から、企業においても英語の必要性が高まってきました。ユニクロや楽天など日本の大企業の中で社内の共通語を英語にする動きが出てきたのはその象徴的な動きともいえるでしょう。企業は明らかに英語を必要としています。
企業において英語が必要とされる以上、それは企業が社員に対して英語を求めることを表します。既存の社員は社内で英語のレッスンを受けることが求められたり、TOEICで一定以上のスコアをとれなければ昇進できないといったことも現実に起こっています。ですがそれ以上に大変なのは、これから就職を迎える大学生でしょう。
最近では企業が新入社員を採用するにあたって、英語力を備えていることを求めてきます。就職活動を勝ち進む上で英語が大切な武器になることは現代の大学生の共通認識です。TOEIC700点は特別な水準ではなく、就職活動を勝ち抜くための最低限の英語力だという人まで現れるほどです。

英語留学のニーズ

では、現代の日本企業が求める英語力を身に付けるにはどうすれば良いのでしょうか。ここで重要なのは、多くの日本の大学生たちが企業が求める英語力を身に付けていないということです。多くの大学生は英語を身に付けていないから、英語を身に付ければ他の大学生に差をつけることができ、就職活動で有利な位置に立てるというロジックです。
英語を中学校から大学まで10年間も学んできたのに、日本企業が求める英語力を身につけることができない。日本の学校における英語教育に頼っていては就職活動で有利に立てない。このことから、多くの日本人が学校教育以外の場所での英語習得に力を注ぐようになっています。
一世を風靡した駅前留学のNOVAやAEONのような民間の英語学校に通うのはその最たるものでしょう。そういった学校ではアメリカ人などネイティブスピーカーから本場の英語を学ぶことができます。また最近ではIT技術の発達に伴い、スカイプなどの安価な通信機器を使って、英語を公用語とする海外の教師とマンツーマンレッスンをするオンライン英会話も人気を博しています。
駅前留学やオンライン英会話に共通するのは、日本人の英語教師ではなく、英語を母語とする外国人から英語を学ぶことができるという点です。英語は日本人にとっては母語ではありませんので、日本人から学ぶには限界があります。だからこそ、オンライン英会話や駅前留学でネイティブから英語を学ぼうとするわけです。
ネイティブから英語を学ぶという点で最も有効なのは留学です。日本で駅前留学をしても教室の外出ると周りは日本人ばかりです。ですが海外留学であれば、授業でネイティブから英語を学び、教室を出たあとも回りにいるのは英語のネイティブスピーカーです。生の英語を学ぶのに最適なのは海外留学であり、英語を身につけるのに最も有効なのが海外で英語を学ぶ留学です。このため、就職活動を乗り切るために英語を身に付ける目的で、英語を母語とする国に留学する若い人も増えています。

フィリピン留学がブームに

かつて英語を勉強するための留学といえば、それはアメリカへの留学でした。1990年代の日本では景気が良かったこともありますが、アメリカへの留学が花盛りでした。最盛期には年間に4万人を超える日本人がアメリカに留学していたほどです。英語と学ぶならばアメリカ留学。これがかつての日本人の共通認識でした。
その次にブームになってきたのはカナダやオーストラリア、ニュージーランドへの留学でしょう。これらの国はいずれも英語を母語、公用語とする国です。イギリス、アメリカ以外でも留学することはできるわけです。また、銃社会のアメリカは治安が極端に悪く、留学中に犯罪に巻き込まれたり、留学生が銃で撃ち殺されるといった事件も発生しました。アメリカへの留学に対して危険という認識が生まれたのもこの時期です。これに対してカナダなどは自然が豊かなどイメージがよく、これらの国への留学が加速されました。
では現在はどうでしょうか。今の日本で最も注目を集める英語留学、それはフィリピン留学です。インターネットや新聞、テレビ、雑誌など、あらゆるメディアでフィリピン留学が取り上げられています。NHKで特集が組まれたり、フィリピン留学についての本が出版されたり、さらに、YouTubeなどの動画サイトにはフィリピン留学での授業風景を流す動画が多数投稿されているほどです。

フィリピン留学の真実を知ろう

一種の社会現象と言っても過言ではないほどのフィリピン留学の盛り上がりですが、これに対して疑問を持つ人も少なくありません。
フィリピン留学をマスコミがあまりにも取り上げすぎなのではないか。マスコミが意識的に煽り立ててブームを作り上げているのではないか。実はフィリピン留学の盛り上がりとは虚像なのではないか。こういったマスコミ陰謀説的なイメージを持つ人も少なからずいることでしょう。
また、昨今のフィリピン留学についての報道を見ると、非常に気になる点が一つあります。それは良い面ばかりが伝えられているという点です。これもまたフィリピン留学は本当に大丈夫なのかという、一般消費者の疑念を生む原因と指摘して良いでしょう。
もちろん総論として言えばフィリピン留学は有益です。英語を学ぼうとする日本人にとって、フィリピン留学は非常に有効な選択肢です。ですがそれを本当に納得してもらうためには、日本における英語留学の歴史、経緯から始まり、英語留学がどのように変質し、何が原因でフィリピン留学が注目を受けるに至ったかを説明する必要があるでしょう。また、フィリピン留学の長所だけでなく短所も明らかにすることで、日本の若い人たちがより安心してフィリピンに留学をしに行けるのではないでしょうか。
日本における英語留学の歴史からスタートし、フィリピン留学の問題点までを時系列で解説し、ありのままの事実を知ることで安心してフィリピン留学に行ってもらいたい。それがこのサイトの目的です。